住宅ローンが払えない任意売却のメリットとは

競売に比べると高く売却できる可能性がある

住宅ローンが払えなくと、金融機関からいろいろな手続きを要求されます。まずは返済方法の見直しなど何とか返済が継続できるような提案をしてもらえます。しかし、収入がなくなったり急激に減って残債が多いとなると、そのまま払い続けるのが現実的でないときもあります。その時にはローン契約の解約措置が取られます。解約となると残債を返済する必要がありますが、金融機関主導で行われると競売にかけられてしまいます。法的手続きになり、市場価格より大幅に低い価値での売却になります。任意売却は自分で不動産会社などに依頼をして売却する方法なので、競売に比べると高い価値での売却が可能になります。残債を少しでも減らせるので、売却後も楽になります。

引越しなどを自分の予定で進められる

住宅ローンが払えないときは、ローン契約の解除になります。残債を返済する必要があるため、そのままにしていると担保権を持つ金融機関が競売にかけてしまいます。競売で売れると、自分の意思に関係なく退去しなければいけません。引越し先を探したり、荷物を運び出したりと自由が利きにくくなります。任意売却だと、自分のペースで話を進められます。売却の話と引越し先や引越しの準備ができるので、急に退去を求められたり、荷物の行き場がなくなったりはありません。残債の返済方法も金融機関との相談がしやすく、無理のない分割返済を認めてもらえる可能性があります。競売だと一括返済を迫られるため、自己破産をしないと解決できなくなるときもあります。

返済中にしてしまった、離婚の住宅ローン。当然契約は離婚前と同じで住宅ローンを返済することになります。